猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > グレー、グレー白猫  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「愛してる、愛してない」

2013 - 05/27 [Mon] - 23:00

愛してる、愛してない [Blu-ray]愛してる、愛してない [Blu-ray]
(2013/09/03)
ヒョンビンイム・スジョン

商品詳細を見る

☆「愛してる、愛してない」ストーリー
出張で空港へ向かう妻が、車で送ってくれている夫に、車中で突然別れを切り出す。「私、出て行く。好きな人ができた」。夫はとまどいながらも静かに受け入れる。数日後、妻が家を出る日、夫は妻の荷作りを手伝い、思い出のレストランに予約を入れ、コーヒーを入れる。いつもと変わらぬ優しい態度の夫に、妻は徐々に苛立ちを募らせる。外は激しい雨が降り続いていた。そこにどこからか子が迷い込んで、家の中に入ってくる。さらに子を探す飼い主の夫婦も現れる…。

☆見所チェック
原作は日本の作家・井上荒野さんの短編小説「帰れない」。結婚5年目にして別れを決めた夫婦の感情のすれ違いを淡々としたタッチで描く異色のラブ・ストーリーです。韓国映画といえば、過剰なまでの感情表現が特徴なのですが、この映画はとても静かな作品で驚くことでしょう。優しすぎる夫は、妻が浮気した上に家を出て行くというのに責めもせず、いつも受け身。妻は本当は怒って引き留めてほしいのに…。お互いに確かに愛情は残っているのに、それを言い出せないもどかしさは、切ないものです。夫と妻のかすかな気持ちの揺れはどちらに転ぶか分からず、先読み不能の展開は、一種のサスペンスのよう。印象的な長回しや、ほぼワンシチュエーションの展開は俳優の演技力を監督が信じているからこそでしょう。人気俳優ヒョンビンの抑えた演技も見所です。

☆あ、がいる!
大雨で家の中に閉じ込められた二人が、出かけることもできずにいると、どこから来たのかベランダに子が迷いこみます。シルバーに近い灰色のその子は、アメリカンショートヘア風の毛並みの良い可愛らしい子猫。この子猫に夫婦はミルクを与えたりしながら、どうしようかと迷います。この迷い猫は、淡々とした別れのストーリーにアクセントをつける役割を担っていますが、見知らぬ家に迷い込み、物陰に隠れてはそっとあたりを伺う、そんな子猫の不安に、想いを残しながら家を出る妻の不安な心情が重なるように思えました。やがて現れた子猫の飼い主によると、子猫の名前はハル。首には電話番号が書いてあり、物陰から出てきたら電話してと伝言していきます。子猫は家に戻れるのか?との疑問は、別れを決めた夫婦がもと通りに愛し合えるのか?という観客の疑問と重なります。

監督:イ・ユンギ
出演:ヒョンビンイム・スジョン、キム・ジス
(C)2011bom Film Productions co.,ltd. All rights reserved.
配給 : ポニーキャニオン
製作年 : 2011年 製作国 : 韓国
愛してる、愛してない@ぴあ映画生活

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ペット・セメタリー」

2011 - 12/02 [Fri] - 22:03

ペット・セメタリー [DVD]ペット・セメタリー [DVD]
(2007/08/24)
ディル・ミッドキフ、フレッド・グウィン 他

商品詳細を見る

☆「ペット・セメタリー」ストーリー
メイン州の田舎町ルドローの病院に勤務する医師ルイス・クリードは、車に轢かれて死んだ愛を、向かいに住むジャドから教えてもらった動物墓地(ペット・セメタリー)に埋葬する。だが埋葬した墓地の奥のその場所は“禁断の場所”。なんと翌日は生き返ったが、凶暴な性格に豹変していた。ある日、幼い息子ゲイジがトラックにはねられ死亡する。嘆き悲しむルイスは、遺体をこっそり“例の場所”に埋葬するのだが…。

☆見所チェック
モダン・ホラーの巨匠スティーブン・キングが自らの原作小説を脚本化したホラー映画で、作者のキング自身が、神父の役でカメオ出演しています。禁断の場所で儀式を行っていたというミクマク族とは、北米大陸に住むネイティブ・アメリカンの部族。愛するものの死を受け入れられず、何とか取り戻そうとしてタブーを侵してしまう主人公の狂気とその代償を描いたストーリーは、ただ恐ろしいだけでなく、愛と哀しみにあふれた、異色のホラー作品として人気があります。死者を蘇らせようとするルイスが、人間の生と死に関わる医師であるという設定が効果的。映画は大ヒットし、続編の「ペット・セメタリー2」も作られました。

☆あ、がいる!
クリード家の娘エリーが飼っているグレーのの名前はチャーチ。ロシアンブルー風のそのの正式名称はチャーチルという格調高い名前です。の死が娘を悲しませることに耐えられず、禁断の場所に埋めて蘇らせるのですが、可愛くおとなしかったチャーチは、ギラギラと瞳を光らせる凶暴なケダモノになっています。この豹変ぶり、名演技というしかありません。ただ、家の前に大型トラックが猛スピードで走るその道は、猫にとっても子どもにとっても極めて危険なのに、柵も何もないのは疑問。猫は車に轢かれやすいというのにそのことにあまり配慮しないのは(去勢しておとなしくさせようとはしますが…)、両親が、チャーチを可愛がってはいるものの、猫はあくまでも娘の所有物という意識があるためじゃないでしょうか。死の淵から蘇ったチャーチは、もはや娘エリーのものではなく、タブーを侵したルイスの猫ということになり、悲劇的なラストへと加速していきます。

監督:メアリー・ランバート
出演:デール・ミッドキフ/フレッド・グウィン/デニーズ・クロスビー
製作年 : 1989年 製作国 : アメリカ

ペット・セメタリー@ぴあ映画生活

【送料無料】ペット・セメタリー

【送料無料】ペット・セメタリー
価格:1,200円(税込、送料別)



【送料無料】ペット・セメタリー2

【送料無料】ペット・セメタリー2
価格:1,200円(税込、送料別)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「イカとクジラ」

2011 - 11/20 [Sun] - 00:17

イカとクジラ コレクターズ・エディション [DVD]イカとクジラ コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/12/23)
ローラ・リニー、ジェフ・ダニエルズ 他

商品詳細を見る

☆「イカとクジラ」ストーリー
1986年、NY。バークマン家は危機に瀕していた。かつては有名だったが今は落ち目の作家の父バーナードと、今や売れっ子作家の母ジョーンが、ある日突然離婚を宣言。16歳のウォルトと、12歳のフランクの兄弟は、共同監護というスタイルで、父と母の二つの家を行ったり来たりするややこしい生活を送ることになる。父は教え子と同棲、母は自分の男性遍歴を子供たちに語り、ウォルトはピンク・フロイドの曲を自作と偽ってバレたあげくセラピーに通い、フランクは12歳ですでにビールが手放せなくなっていた。大人になれない親たちと子供であることが許されない子供たち。家族はそれぞれに新しい生活を余儀なくされるのだが…。

☆見所チェック
生きるのがヘタな不器用な家族の悲喜劇を描いたヒューマンドラマは、アカデミー賞最優秀オリジナル脚本賞ノミネートをはじめ、多くの映画祭で絶賛された秀作です。シリアスな状況なのに不思議なユーモアを漂わせる演出と脚本が巧みで、ジェフ・ダニエルズやローラ・リニーといった、渋いけど実力派のキャストのアンサンブルも絶妙。都会で暮らすインテリ家族ならではの悩みを独特のテイストで描いた、ノア・ バームバック監督の手腕が光ります。随所に散りばめられた、映画や音楽へのオマージュもなかなかおしゃれ。印象的なタイトルは、ウォルトが子供の頃に訪れた自然史博物館(映画「ナイト・ミュージアム」の舞台となった場所ですネ)に展示してある、巨大なジオラマ(立体模型)のこと。家族というのは、時に困った、でもたまらなく愛おしい存在だと教えてくれる作品です。

☆あ、がいる!
親の離婚というメガトン級のショックを受け、すべてを折半すると聞いて混乱した子供たちは、両親に怒りや悲しみをぶつけるよりも思わずこう聞いてしまいます。「じゃあ、はどうするの?」。バークマン家ではグレーの長毛種のを飼っていて、家族の誰もがを大事にしてはいますが、ケージに入れられて、2つの家を行ったり来たりするは、受難の象徴のよう。面白いのは、両親が子供が見ていないところでする夫婦ケンカでもを話題にしていること。妻のジョーンが夫に言う文句がふるっていて、「猫のエサは安物は止めて!ピュリナにして!」と言うのがケッサク。一家が住んでいるNYのブルックリンのパークスロープといえば、作家やアーティストが多く住むことで有名な、高級住宅地。そこに住むことをステイタスとするインテリ夫婦らしく、日本でも売ってる高級キャットフードのメーカー、ピュリナを名指しで指定するところが可笑しい。問題ばかりの家族に飼われたこの猫は、終盤にプイと外に出て行方不明になってしまいます。まるで「もう、つきあってられないよ」と言わんばかりに。人間ってバカだよねぇ…という猫の声が聞こえてきそうです(苦笑)。

監督:ノア・ バームバック
出演:ローラ・リニー/ジェフ・ダニエルズ/ジェシー・アイゼンバーグ
製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ

イカとクジラ@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「セカンドバージン」

2011 - 09/24 [Sat] - 23:23

セカンドバージン スペシャル・エディション [Blu-ray]セカンドバージン スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2012/03/02)
鈴木京香長谷川博己

商品詳細を見る

☆「セカンドバージン」ストーリー
出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー・るいは、17歳年下で、万理江という妻もいる、ネット証券会社社長、鈴木行(こう)と激しい恋に落ちる。さまざまな試練を乗り越えて一緒に暮らし始めた二人だったが、ある日突然、行はるいの前から姿を消した。5年後、るいは出張先のマレーシアで行と再会するが、行は彼女の目の前で銃弾に倒れてしまう。生死の境をさまよう行を懸命に看病するるいだったが…。

☆見所チェック
NHKとしてはほとんどギリギリといってもいい不倫愛を描いて話題になった人気TVドラマの劇場版は、灼熱のマレーシアを舞台に、より官能的な愛のドラマが展開します。45歳のキャリアウーマンが17歳年下の妻子ある男性と恋に落ち、困難に負けず愛を貫くという内容は、実際に働く女性から多くの支持を得ました。この劇場版では、ドラマ版と同じ鈴木京香長谷川博己、深田恭子という主要キャストが再集結。大人の男女の“スキャンダラスな純愛”を濃厚に描くメロドラマは、見終わった後でいろいろと語り合うことができそうです。劇場版では行の視点も盛り込んだことで、登場人物の心のひだをより丁寧にすくい取っています。

☆あ、がいる!
るいが、東京のマンションで飼っているのは、ベルシャ系のグレーと白の長毛種ので、名前はレタス。金融商品取引法違反で逮捕された行は、すべてを失って抜け殻のようになり、「は嫌いだ!」と、るいとレタスに対してもやつあたりするほど心がすさんでしまいます。そんな行をマレーシアの病院で看病し、さらに酷い言葉を投げかけられ傷ついたるいは、思わず病院を飛び出すのですが、行が、住んでいた小屋でを飼っていたこと、そのにレタスという名前をつけていたことを知って、行の真実の愛を知ることになります。行が、ひとりぼっちの異国の地で、愛するるいを思い続けた視線の先にいたのが、レタスと名付けた猫(白に薄茶の模様のMIX)だったというのは泣かせる演出した。

監督:黒崎博
出演:鈴木京香長谷川博己/深田恭子
(C)2011映画セカンドバージン」製作委員会
配給 :松竹 製作年 : 2011年 製作国 : 日本

セカンドバージン@ぴあ映画生活
チケットぴあ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「猫が行方不明」

2011 - 06/19 [Sun] - 12:14

猫が行方不明 HDニューマスター版 [DVD]猫が行方不明 HDニューマスター版 [DVD]
(2010/03/27)
ギャランス・クラヴェル、ジヌディーヌ・スアレム 他

商品詳細を見る

☆「猫が行方不明」ストーリー
パリ11区に住むクロエは、バカンスに行くため愛のグリグリを、頑固だが好きのマダム・ルネに預ける。ところが休暇から帰ってくると、なんとグリグリは行方不明に!周囲の多くの人々を巻き込んでのグリグリ探しの日々が始まった…。

☆見所チェック
さまざまな人種が共存する大都会パリで生きる人々の姿を優しい視線で描いた、ちょっとおしゃれなヒューマン・ドラマです。迷子になったを探すヒロインが、以前はまったく知らなかったご近所の人々との触れ合いの中で、少しだけ大人になり、新たな自分を発見します。サラリとしたスケッチ風の演出が心地よく、さりげないロマンスも盛り込んだチャーミングな映画に仕上がりました。今では日本でも大人気のセドリック・クラピッシュ監督が、日本で初めて紹介されたのがこの映画。パリの下町に住む元気な老婦人たちのネットワークのすごさには驚きです。

☆あ、猫がいる!
行方不明になる飼いネコのグリグリは、ほとんど黒に近いチャコールグレーの猫。背中に小さな白い斑点があります。グリグリとは、仏語で灰色という意味。でも、映画ではどう見ても黒猫に見えます(苦笑)。グリグリは終盤、意外な場所から姿を現しますが、この間、水や食べ物はどうしてたの?とちょっぴり疑問。きっとご近所でちゃっかり食事してたんでしょうね。ちなみにグリグリは主人公を演じるギャランス・クラヴェルが実際に飼っているネコちゃんで、登場する他の猫たちも皆、出演者の飼い猫だそう。どうりで自然な表情をしています。

監督:セドリック・クラピッシュ
出演:ギャランス・クラヴェル/ギャランス・クラヴェル/オリヴィエ・ピイ
製作年 : 1996年 製作国 : フランス

猫が行方不明@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。