猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > 猫がいっぱい  

映画「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」

2018 - 01/08 [Mon] - 00:36



☆「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」ストーリー
動物写真家の岩合光昭氏が、ネコ目線で世界各地の猫を撮影するNHK BSプレミアムの人気テレビ番組の劇場版。津軽のリンゴ農園で暮らす“コトラとその家族”のその後の姿を未公開映像を交えて紹介するパートと、番組で紹介した世界のネコの中から、厳選した“いいコたち”の姿を映し出すパートで構成されている。

☆見所チェック
世界的な動物写真家の岩合光昭氏は、自らのライフワークとして猫を40年以上撮影し続けているというだけあって、猫の自然な表情をとらえるのが実に上手いのですが、特に、人間に寄り添って暮らす猫の中にひそむ野生を大切にしてるという点に注目です。風、雨、雪、海や牧場など、自然との関わりが綿密な映像が多いのは、そのためでしょうか。NHKのテレビ番組のために撮影している時から、いつか劇場版を、との思いがあったそうで、大スクリーンに映える猫のアップの繊細な表情が多いのが印象的です。さりげないワンカットの撮影にも、多くの時間と労力を費やす岩合さん。彼の猫愛と仕事への真摯な姿勢に感服しました。ナレーションの吉岡里帆さんの、静かであたたかい声も魅力的です。

☆あ、猫がいる!
TVで大人気だった青森・津軽地方のリンゴ農園で暮らすお母さん猫のコトラと子猫たちのその後の姿が見られるのは劇場版ならではのお楽しみです。それから、世界各国の、たくさんの猫が登場。特にイタリア、シチリアの長寿猫・ドメニコの貫禄は最高!世界中の飼い主さんたちの猫愛もたっぷりと堪能できます。猫の野性、習性、生命力、意外な仕草と、いつまで見ていても飽きることがありません。野良猫のことを愛情を込めて自由猫と呼ぶ岩合さん(たしかイタリアでもそう呼ぶんでしたっけ)。地面に腹ばいになって猫と同じ高さにカメラをかまえる岩合さんの撮影風景もまた、このネコ歩きの大きな魅力です。ネコ好きの心をとらえて離さない、珠玉の作品です。

出演:岩合光昭、(猫)コトラ、リッキー、他(ナレーション)吉岡里帆
(C)Mitsuaki Iwago
配給 : ユナイテッド・シネマ
製作年 : 2017年 製作国 : 日本

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「猫が教えてくれたこと」

2018 - 01/06 [Sat] - 00:49



☆「猫が教えてくれたこと」ストーリー
トルコ、イスタンブール。ヨーロッパとアジアの文化が交錯するこの古都は、猫の街として知られている。そこでは住人たちが野良猫に食料や寝床を与え、共存してきた歴史があった。カメラは、イスタンブールで人々に愛されながら、自由きままに暮らす7匹の猫たちと、猫との出会いに癒され、猫に深い愛情を注ぐ人間たちとの優しい関係を追う。

☆見所チェック
トルコの大都市イスタンブールに暮らす野良猫と人間との幸福な関係を描くドキュメンタリーです。アメリカで外国語ドキュメンタリー映画として史上第3位の大ヒットを記録したというこの作品は、単なる癒し系映画ではありません。映画には多くの野良猫たちが登場しますが、猫たちを通して見えてくるのは、東西文化の要として繁栄した古都イスタンブールに生きる人々の多様性と寛容な心。「猫は人間を神ではないと分かっていて、人への感謝も忘れない」「動物を愛せない人は人間も愛せない」などの深い名言も!人間と動物、自然と人工がナチュラルに同居し、街がまるごと猫カフェ状態のイスタンブールに、きっと行ってみたくなります。

☆あ、猫がいる!
出演するのは7匹の野良猫たち。いつも食べ物をせがむサリ(泥棒)。市場の人気者デニス(社交家)。撫でられるのが大好きなベンギュ(恋人)。チョイ悪で楽天的なガムシズ(遊び人)。気性が激しい主婦サイコパス(ザ・サイコ)。礼儀正しく美食家のデュマン(ジェントルマン)。ネズミ退治が仕事のアスラン・パーチャシ(ハンター)。茶白や白黒、キジなど、色もタイプも異なる個性派揃い。アップを多用し愛らしい猫の表情をとらえつつ、地上10cmの“猫目線カメラ”で猫が見ているであろう世界をしっかりと再現。猫を擬人化したりせず、あくまでも猫そのものとして描いた本作は、互いを認め合い他者を尊重することで、人生は、そして世界はもっと豊かになると語っています。猫愛と共に、人間愛に満ちた秀作ドキュメンタリーです。

監督:チェイダ・トルン
出演:(猫)サリ、デニス、ベンギュ、ガムシズ、サイコパス、デュマン、アスラン・パーチャシ、他
(C)2016 Nine Cats LLC
配給 : アンプラグド
製作年 : 2016年 製作国 : トルコ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「黒執事」

2014 - 04/20 [Sun] - 01:03


黒執事 Blu-rayコレクターズ・エディション(初回生産限定)黒執事 Blu-rayコレクターズ・エディション(初回生産限定)
(2014/06/04)
水嶋ヒロ剛力彩芽

商品詳細を見る

☆「黒執事」ストーリー
近未来。巨大企業の若き総帥にして、女王の密命を帯びる名門貴族の末裔・幻蜂清玄伯爵は、実は復讐のために男装し、女であることを隠して生きている。彼女に仕える万能の執事セバスチャンとは絶対的な主従関係にあるが、それは魂で契約された特別なものだった。そんな二人は、街で頻発する連続ミイラ化怪死事件の解明を女王から命じられる。平行して起こっていた少女たちが消える事件も追うが、セバスチャンはその二つの事件を結びつける手掛かりとして“黒い招待状”へと辿りつく…。

☆見所チェック
枢やなの人気コミックで、何でもアニメ界でも指折りのイケメンキャラが黒執事だそうです。知識・教養・品位・料理・武術・容姿、すべてにおいて完全無欠、ただし性格の悪さは天下一品の“悪魔の執事”セバスチャンを久し振りの映画出演となる水嶋ヒロが演じるほか、映画オリジナルのストーリーも話題です。悪魔のセバスチャンが清玄に常に使えるのは清玄の魂を食らうためなんですが、それでも必ず窮地には現れ鮮やかな活躍を見せる彼は、変種の王子様キャラ。毒舌と忠誠を同居させる美形の悪魔は、案外、女子のツボにはまるかも?!

☆あ、がいる!
執事のセバスチャンの正体は悪魔なのですが、大の好き。主人である清玄から「どうしてそんなにが好き何だ?」と問われて「唯一の話し相手なので」と答えます。悪魔をも魅了するなんて、ってやっぱり神秘的な存在なんだ!と改めて実感しました。最初はグレーのキジを愛しそうに抱っこしていますが、次に白い、3番目は茶トラ。この茶トラ猫は最後にも登場し、シルバー執事の田中が、うやうやしく銀の盆でエサを与えていました。それにしても大貴族でお城のような住まいに住む幻蜂伯爵家にいるのが、コテコテの庶民派の雑種猫(ミックスというべきか?!)というところは、ちょっと笑ってしまいます。

監督:大谷健太郎、さとうけいいち
原作:枢やな黒執事
出演:水嶋ヒロ剛力彩芽、優香
(C)2014 枢やな / スクウェアエニックス (C) 2014 映画黒執事」製作委員会
配給 : ワーナー・ブラザース映画
製作年 : 2013年 製作国 : 日本
黒執事@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「夏の終り」

2013 - 09/08 [Sun] - 13:54

夏の終り [Blu-ray]夏の終り [Blu-ray]
(2014/03/19)
満島ひかり綾野剛

商品詳細を見る

☆「夏の終り」ストーリー

昭和30(1955)年代。染色家の知子は、妻子ある年上の作家・慎吾と長年暮らしていた。慎吾は妻と住む家と、知子の家をきっちりと週の半分ずつ行き来して過ごしている。知子は慎吾の離婚は望んでおらず、この穏やかな暮らしに満足していた。だがある日、かつて彼女が家庭を捨てて駆け落ちした年下の男性・涼太が訪ねくる。それをきっかけに知子の心はざわつきはじめ、再び涼太と関係を持ってしまう。涼太の情熱は、知子自身も気付いていたなかった本当の気持ちを揺さぶりはじめるのだが…。

☆見所チェック
原作は作家、尼僧として活躍する瀬戸内寂聴の同名ロングセラー小説です。染色家として自立している女性が、妻子ある年上の作家と、若く情熱的な年下の男性との間で揺れ動くという、いわゆる三角関係のラブストーリー。瀬戸内寂聴の実体験に基づくと聞くと、なにやら艶かしいお話なのですが、映画では女一人に男二人という構図はしばしば描かれる恋愛の一般的なパターンなのです。本作では対照的な2人の男性を愛しながら、やがて本当の意味で自立していく女性の心の成長を描きます。特徴的なのは、色濃く現れた「昭和」という時代。近年流行のノスタルジックで明るい昭和ではなく、全体的に薄暗く、閉塞感に満ちた物語は、まだ女性の自立に難しさを抱えていた時代の空気を伝えてくれます。

☆あ、がいる!
知子が住む東京都内の一軒家の縁側には、黒白の子が時々現れます。たぶんノラちゃんでしょう、名前はありません。作家の慎吾はどうやら好きなようで、子にミルクを与えたりして可愛がっているんですが、知子は、特に好きというわけではなく、お客がきたら、子の首をつかんで無造作にポイッと外に出したりしています。また、慎吾の妻と接したことで動揺した知子は、鎌倉にある慎吾の自宅に突発的におしかけますが、そのとき留守番していた慎吾は、まるまると太ったキジの猫をだっこしています。おそらく本宅で飼っているのでしょう、このことからも彼が猫好きであることが伺えるのですが、猫を飼うというその行為に、知子とは無縁の“家庭”の存在が浮かび上がる演出です。

監督:熊切和嘉
原作:瀬戸内寂聴
出演:満島ひかり、小林薫、綾野剛
(C)2012年映画夏の終り」製作委員会
配給 : クロックワークス
製作年 : 2012年 製作国 : 日本
夏の終り@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「100万回生きたねこ」

2013 - 01/20 [Sun] - 13:09


100万回生きたねこ [DVD]100万回生きたねこ [DVD]
(2014/11/22)
佐野洋子、渡辺真起子 他

商品詳細を見る

☆「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」ストーリー
絵本作家兼エッセイストの佐野洋子さんは、ガンで余命を宣告されていた。監督の小谷忠典は「顔を映さない」という条件で、佐野さんの最期の日々をドキュメンタリー映画として記録していく。北京で生まれたこと、幼い頃、絵の上手な兄を亡くしたこと、世界的大ベストセラーの絵本「100万回生きたねこ」の誕生秘話などが佐野さん自身の口から語られる。同時にこの絵本に魅せられた女性たちが、それぞれ抱える心の傷を語る姿もカメラに収めていく。一方、女優の渡辺真起子は、佐野さんのルーツである北京を訪ね、彼女が育った北京の街の空気を体感していく。

☆見所チェック
1977年の発表以来、世界中の国で翻訳、出版され、累計180万部を突破している大ベストセラー「100万回生きたねこ」は、子供より大人に支持されている大人気の絵本です。王やサーカス、泥棒や少女に飼われたは、自分だけを愛しながら何度も死んでは生まれる輪廻転生を繰り返しますが、ある時、自分よりも大切に思う白いとめぐり合い、子を作って親になり、白の死に涙を流して、ついに自分も死ぬことに。「死」がハッピーエンドに思えるという部分が、他の絵本と圧倒的に異なる個性で、それがこの絵本の深いメッセージとなっています。北京生まれの佐野洋子さんが持つ一種の故郷喪失の疎外感や、兄の死というトラウマ、ガンで逝く運命の自分への冷静なまなざしが、愛と孤独を描いた絵本のテーマと重なり、静かな感動を覚えます。

☆あ、がいる!
佐野洋子さんの声だけが聞こえる冒頭から、映画は、さまざまなの姿をワンシークエンスのつなぎのように映していきます。黒白、キジ、茶白、サビ…。この猫たちは佐野さんの自宅に周辺に住む、野良猫なのでしょうか?実写で映る猫については詳細は語られませんが、物言わぬ猫の神秘的なまなざしは、とても強く印象に残ります。絵本「100万回生きたねこ」の主人公の猫は、大きくて立派な縞模様を持つ美しいトラねこ。自分が大好きで誰のことも愛さなかったねこが、自分より強く愛した白猫が死んだとき、はじめて心から号泣します。人を愛することを学ぶ大切さ、輪廻転生すると伝えられる猫の神秘性、死を哀しみだけではとらえない深い洞察。猫をモチーフにしてはいますが、この絵本のストーリーと、心に傷を持ち悩みながら生きる女性たちが、この絵本によって救われたエピソードは心にしみます。絵本は説教くさい部分は何一つない。それなのになぜか癒され、励まされる。これって、ただそこにいるだけなのに心をほっこり温めてくれる猫の存在そのもののようですね。

監督:小谷忠典
出演:佐野洋子、渡辺真起子、フォン・イェン
(C)ノンデライコ、contrall、東風
配給 : 東風
製作年 : 2012年 製作国 : 日本
ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 | HOME |  »

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

★ふくの飼い主&ブログ管理人は、映画ライターの渡まち子です (^o^)/

★当ブログはリンクフリーです。相互リンクは設けていませんが自由にリンクしてもらってOKです。

(リンクの報告は不要です) ★ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

category

最新記事

映画目次

ペット用品はこちら(=^・^=)

お得情報はこちら

最新コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

welcome!