猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > キジ、キジ白猫  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ムーンライズ・キングダム」

2013 - 03/02 [Sat] - 23:37

ムーンライズ・キングダム [Blu-ray]ムーンライズ・キングダム [Blu-ray]
(2013/08/02)
ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン 他

商品詳細を見る

☆「ムーンライズ・キングダム」ストーリー
1965年、アメリカのニューイングランド沖の小さな島に住む12歳のサムとスージーは “駆け落ち”を決意する。ボーイスカウトのキャンプを抜け出したサムはスージーと草原で落ち合い、二人は愛の逃避行へ。島にある美しい入り江を“ムーンライズ・キングダム(月が昇る王国)”と名付け、海に飛び込み、夢を語り、初めてキスをする。やがて二人がいないことに気付いた大人たちは大騒ぎ。島でただ一人の警官シャープや、どこか頼りないボーイスカウトのウォード隊長、スージーの両親や冷酷な福祉局らが入り乱れて二人を探すうちに、嵐や火事が起こり、平和な村は大騒ぎに巻き込まれる…。

☆見所チェック
独特のセンスでオフビートなコメディを作る異才ウェス・アンダーソン監督が作った、何とも可愛らしいラブ・ストーリーです。主人公の少年サムは養子であることに寂しさを感じ他の子供たちとなじめずいる個性的な少年。スージーもまた、いつも本ばかり読んでキャラクターの世界に生きる大人びた少女。二人がひと目で恋に落ちるのは、二人とも風変わりな子供だからです。無名の子役を支えるのは、ハリウッドで活躍する大スターたち。ブルース・ウィリスやエドワード・ノートンなどの有名スターが、いつもの顔とはまったく違う、情けない役をひょうひょうと演じているのが見所。それからアンダーソン監督ならではの、衣装や美術にこだわりぬいたハイセンスな映像も要チェックです。特に、アライグマのワッペンがトレードマークのボーイスカウトの制服やグッズは最高です!

☆あ、がいる!
スージーの家では、グレーのキジの子を飼っています。スージーは、サムと駆け落ちする時も、バスケットに入れて一緒に連れてくるくらいですから、よほどこの子を可愛がっているのでしょう。サバイバル術に長けたサムが、食事用に魚を釣って、残りものを子にあげようとすると、スージーは感謝はしつつも「子用の缶詰しか食べない」とやんわりと断ったりするシーンが微笑ましいです。複雑な家庭の事情を子供心に懸命に耐えているスージーの“心の友”といったこの子、幼い恋人たちのお守りのような存在なのですが、劇中で名前を呼ばれないのがちょっと残念。嵐の中の逃避行の末に、思いがけないハッピーエンドを迎える物語では、サムとスージーは、相変わらず強く愛し合っているようです。その時のスージーの家の描写で、子猫が成長してちゃんと大きくなっているので、時間の経過が分かるという芸の細かさが、映画好き、猫好きには嬉しいところでした。

監督:ウェス・アンダーソン
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ
(C)2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.
配給 : ファントム・フィルム
製作年 : 2012年 製作国 : アメリカ PG-12指定作品
ムーンライズ・キングダム@ぴあ映画生活

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「君への誓い」

2012 - 06/12 [Tue] - 23:37

君への誓い [Blu-ray]君への誓い [Blu-ray]
(2012/09/26)
レイチェル・マクアダムスチャニング・テイタム

商品詳細を見る

☆「君への誓い」ストーリー
シカゴに住むレオとペイジは結婚式をあげたばかりのカップル。だがその幸せな日々は、二人が乗った車が追突事故に遭い、ペイジが脳に障害を負ってレオとの出会いから4年間の記憶を失ってしまったことで崩れ去る。ショックを受けるレオだったが、ペイジの記憶が戻らないことを知ると、妻に対してもう一度恋のアプローチを試みる。二人の距離は次第に縮まっていくかに見えたが…。

☆見所チェック
一見ベタな恋愛ドラマに見えますが、この驚くべき物語は、ニューメキシコ州に住むカーペンター夫妻の実際の経験を綴った本をベースに作られた実話です。妻の記憶を取り戻すのではなく、もう一度自分に恋してほしいと奮闘する夫レオの姿は、誠実そのもの。さらに自分の願いではなく、ペイジにとって何が一番幸せなのかを考え抜いた果ての決断は、涙を誘います。両親との不和や元カレの登場など、少々雑な展開はあるものの、何といっても実話の力がものを言い、感動を誘います。映画の最後に、モデルになったカーペンター夫妻の今を写した幸せそうなポートレートが登場するのが印象的でした。レイチェル・マクアダムスチャニング・テイタムという旬の俳優の起用で、優しさあふれる恋愛ドラマに仕上がりました。

☆あ、がいる!
映画には、ペイジが記憶を失くした後のやるせない現在と、幸福感たっぷりの過去のパートが交互に登場します。かつてペイジは、家に迷い込んできたグレーのキジの子を見て「飼いたい」といいますが、レオは「僕はアレルギーだ」とあっさり拒否。本当はアレルギーなんかじゃなく、ちょっとだけが苦手なだけなんです。これもまた幸福だった頃の楽しい思い出でした。記憶を失くし実家に戻ってしまったペイジの幸せのために、身を引く決心をしたレオは、あの時の子をそっと抱き上げて、一緒に暮らして寂しさを分かち合っています。ごく短いシーンですが、愛する人の幸せを本気で思うレオの優しさがにじみ出る場面でした。やがて、ペイジとレオはある雪の夜に再会し“新しい出会い”を経験することに。彼らの傍らにはきっとこの子がいる。そう信じています。

監督:マイケル・サシー
出演:レイチェル・マクアダムスチャニング・テイタム、サム・ニール

配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作年 : 2012年 製作国 : アメリカ

君への誓い@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ルイーサ」

2012 - 04/13 [Fri] - 20:06

ルイーサ [DVD]ルイーサ [DVD]
(2011/12/23)
レオノール・マンソ、ジャン・ピエール・レゲラス 他

商品詳細を見る

☆「ルイーサ」ストーリー
ブエノスアイレスで、のティノと暮らす老女ルイーサ。孤独を好み、人付き合いを避けて何十年も暮らしていたが、ある朝、愛するティノが死んでしまう。ショックを受けるルイーサだが、同じ日に、勤続30年の職場である霊園での電話番の仕事をクビになったばかりか、スター女優の家のお手伝いの副業までも失ってしまう。手元に残ったお金は、わずか20ペソ(約500円)。何とかティノの埋葬費用を捻出しようと、ひとまずティノを冷凍庫に入れて、地下鉄で小銭を稼ごうとするのだが…。

☆見所チェック
日本ではなかなか見る機会が少ないアルゼンチン映画ですが、これは、とてもユニークで味わい深いヒューマン・ドラマです。何十年も規則正しい生活をしてきた孤独な主人公ルイーサは、人とかかわるのがいやで人ごみを避けるため地下鉄にも乗ったことがない地味な老女。そんな彼女が、どん底から這い上がろうと、みるみる変貌していく様子に目を見張ります。これがラテン系のバイタリティでしょうか…(笑)。ルイーサを演じるのはアルゼンチンでは著名な舞台女優のレオノール・マンソ。失業と愛の死をきっかけに、60歳にして“生きる”ことに真剣に取り組み、人と関わることで癒されるヒロインを味わい深く演じています。特にラストシーンは“新しいルイーサ”の誕生を思わせ、「頑張って!」と励ましたくなります。

☆あ、がいる!
ルイーサの唯一の心の友であるのティノは、首のあたりと足先が白いグレーのキジ。規則正しい生活を好むルイーサに似たのか、毎朝、鳴いてご主人のルイーサを起こすのが日課で「おまえがいるから目覚まし時計はいらないわね」と言われたりします。ルイーサが、失業したことよりも、高額の埋葬費用がなくティノを火葬できないことの方を嘆くのは、いかにティノを愛していたかの表れ。初めて乗った地下鉄で、インチキの経歴で小銭を稼ごうとしたり、盲目で足が悪いフリをして施しを受けようとしたり。差別とブラックユーモアが入り乱れる、なりふり構わぬ方法で奮闘する姿は、涙ぐましいやら可笑しいやら。それでも、ホームレス仲間(?)やアパートの管理人の優しさで、次第に人間らしさを取り戻したルイーサが、ある“はなれ技”で無事にティノを火葬するシーンは、ほのかなユーモアと安堵感が漂います。路上で音楽を演奏していた若者に名前を呼んでもらうラストは、彼女が孤独とさよならしたことを意味していて、優しい気持ちになれるでしょう。

監督:ゴンサロ・カルサーダ
出演:レオノール・マンソ、ジャン・ピエール・レゲラス、マルセロ・セレ
原題:「LUISA」

製作年 : 2008年 製作国 : アルゼンチン・スペイン

ルイーサ@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「アフロ田中」

2012 - 02/20 [Mon] - 11:02

アフロ田中 [Blu-ray]アフロ田中 [Blu-ray]
(2012/08/02)
松田翔太佐々木希

商品詳細を見る

☆「アフロ田中」ストーリー
強烈な天然パーマでこの世に産まれ落ちた田中広(ヒロシ)。24歳になった今も彼女は出来ず、日々をなんとなく過ごしていた。そんな時、学生時代からのダメ仲間の一人が結婚するとの知らせが舞い込む。驚きと共に“誰かが結婚する時、それぞれの彼女を連れていこう”というモテない男ならではの悲しい約束を思い出した田中。「やばい…、これは早急にカノジョを作らねば!」。そんな田中の前に、お隣に引越してきた美女・加藤亜矢が現れた!

☆見所チェック
原作は、のりつけ雅春のギャグ漫画。カノジョいない歴24年(年齢と同じ)の妄想男子の勘違いと奮闘の日々を描く異色コメディです。巨大なアフロヘアにダサいファッションのさえない主人公を、美形でクール、さっそうとした役が多い松田翔太が演じるギャップが面白いのですが、これが不思議なほどハマッています。この人って、脱力系コメディの才能もあったんですね~(笑)。モテナイ男子ならではの、女性に対する激しくあふれ出す好意(と性欲)や、自由へのあこがれを象徴するのが、デフォルメしたアフロヘア。これはカノジョ作りを題材にした、青春成長物語なのですが、「なんか思ってたのと違うな、人生…」。こう気付くことが大人への第一歩かもしれません。果たしてXデー(ただの友達の結婚式)までに、田中はカノジョを作ることができるのでしょうか(笑)?!

☆あ、がいる!
主人公の田中は、毎日、駅前でキジの子にミルクをあげています。おそらくノラちゃんですが、心優しい田中はほっておけないのでしょう。そんな田中の姿を見ていた、カンペキな美女の亜矢は「優しい人なんだ」と好意を持つのですが、小心者で鈍感な田中はそのことに気付きません。彼女に対して「あんなのどうこうできるはずないだろ!」と最初からあきらめモード。しかも子にミルクをやる自分の優しさを認めるのがてれくさくて「この世には、おれに施しを与えられる存在がある(のこと)」と自虐的につぶやきます。子は田中には自分より“下”の存在を確認するための道具のように描かれますが、田中が本当は優しい人間であることは、映画をみればちゃんと判ります。ガンバレ、田中!アフロヘアのもてない男子にもきっと“春”は来る!!(はずなんですが…)

監督:松居大悟
原作:のりつけ雅春
出演:松田翔太佐々木希、堤下敦(インパルス)
(C)2012 のりつけ雅春・小学館/「アフロ田中」製作委員会
配給 : ショウゲート
製作年 : 2012年 製作国 : 日本

アフロ田中@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ドラゴン・タトゥーの女」

2012 - 02/11 [Sat] - 20:38

ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
(2012/06/13)
ダニエル・クレイグルーニー・マーラ

商品詳細を見る

☆「ドラゴン・タトゥーの女」ストーリー
スウェーデン。月刊誌「ミレニアム」に財界汚職事件の告発記事を書いたことで名誉棄損裁判で敗れた社会派ジャーナリスト、ミカエル。彼の元にヴァンゲル大財閥の元会長から仕事が舞い込む。それは、一族の娘ハリエットが失踪した40年前の事件の真相究明だった。ミカエルは、天才ハッカーのリスベットの助けを借りて事件の調査に乗り出す。そこには、ナチスの残党の影と血塗られた一族の忌まわしい過去があった…。

☆見所チェック
スティーグ・ラーソンの世界的大ベストセラーは、スウェーデンですでに映画化されて大ヒットしたのですが、それをハリウッドの映像派デヴィッド・フィンチャー監督が巧みにリメイクしたのが本作。オリジナルと同じように全3部作の第一弾です。ミカエルを新ジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグが好演します。でもこの物語のキモは、小柄で理知的、天才的な情報収集能力を持つ異形のダーク・ヒロイン、リスベットその人。演じるのは新星ルーニー・マーラです。顔中にピアス、背中にはドラゴンのタトゥーがある彼女が背負う過去と現在は、無残ともいえるほど悲痛なのですが、決して泣き寝入りなどしないタフなリスベットの姿に、きっと拍手を送りたくなることでしょう。

☆あ、がいる!
ミカエルは、依頼を受けて働くヴァンゲル家の離れで暮らしながら事件の調査を進めますが、そこに引越し初日に迷い込んできたのがグレーのキジ。たぶんノラちゃんです。反骨のジャーナリストのミカエルは、いつも難しい顔をしているんですが、それでも根は優しいのでしょう、雪が舞う窓辺からをそっと招きいれます。初日に身の回りの品を買いに行った雑貨屋でも、さりげなくキャットフードを買い求めていましたから、名無しのこのを同居人(同居?)と認めているのです。事実、その後ずっとこのは、徐々に真相に近付くミカエルとリスベットをだまって見守っています。

だがしかしっ!!

このニャンコには、あまりにもむごたらしい運命が(涙)。それは、事件の謎を解くミカエルに対するおどしなのですが…。
ひどい、ひどすぎるっ!うわああぁぁぁん(号泣)!!
…ということで、猫好きの人には要注意の映画です。私、思わず目をそらしました(汗)。あ、でも映画はすばらしい出来ですよ。念のため。愛らしい猫をひどい目に遭わせた極悪非道の真犯人には、それにふさわしい容赦ない運命が待っています。無論、ミカエルもリスベットの活躍で名誉を回復します。

監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:スティーグ・ラーソン
出演:ダニエル・クレイグルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー

配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 | HOME |  »

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。