猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > 黒白猫  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「夢と狂気の王国」

2014 - 01/08 [Wed] - 20:06


夢と狂気の王国 [Blu-ray]夢と狂気の王国 [Blu-ray]
(2014/05/21)
不明

商品詳細を見る

☆「夢と狂気の王国」ストーリー
日本を代表するアニメーション・スタジオ、スタジオ・ジブリ。その中心メンバーが、宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサー、高畑勲監督だ。「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」の2本が同じ年に公開されることになり、砂田麻美監督は彼らの1年に密着取材。若き日に出会った3人の、苦楽を共にした日々や、創作現場の裏側を丹念に追っていく…

☆見所チェック
東京・小金井にある国民的アニメーションスタジオ“スタジオ・ジブリ”に、ドキュメンタリー映画「エンディング・ノート」が高く評価された砂田麻美監督が自らカメラを携えて1年間通いつめて作り上げた、力作ドキュメンタリー映画です。ジブリは緑に包まれたファンタジックなたたずまいですが、中での仕事ぶりはまさに修羅場、戦場そのもの。映画は主に、「風立ちぬ」を“順調に”制作中の宮崎駿の制作の日々が中心です。「かぐや姫の物語」制作が遅れに遅れて修羅場だったであろう高畑監督はほとんど登場しないのがちょっと残念ですが、それでも宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサー、高畑勲監督の3人の愛憎入り乱れた関係性が垣間見えてとても興味深いものです。傑作アニメが生まれる舞台裏に興味がある方はもちろん、ジブリ・ファンは必見の1本といえるでしょう。

☆あ、がいる!
スタジオ・ジブリにはウシ子という名前のが住み着いていて、皆に可愛がられています。飼われているというより、同居、あるいは自由に出入りしているという感じ。白地に、背中・頭・尻尾に少し黒というモノトーンのウシ子は、のんびり、しなやか、でも抜け目なく、スタジオ・ジブリの内部を歩き回っているのですが、この自由なたたずまいが砂田監督のカメラ目線と重なっています。ウシ子とすれ違うとき、誰もがちょっとほっとした顔つきになるのが印象的でした。ジブリファンには有名なこの、狂気とまでいわれるジブリの製作現場を見守る守護天使のように見えます。

監督:砂田麻美
出演:宮崎駿、鈴木敏夫、高畑勲
(C)2013 dwango
配給 : 東宝
製作年 : 2013年 製作国 : 日本
夢と狂気の王国@ぴあ映画生活

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ニューヨーク、恋人たちの2日間」

2013 - 09/06 [Fri] - 23:23

ニューヨーク、恋人たちの2日間 [DVD]ニューヨーク、恋人たちの2日間 [DVD]
(2014/01/18)
ジュリー・デルピー

商品詳細を見る

☆「ニューヨーク、恋人たちの2日間」ストーリー
フランス人写真家のマリオンは、恋人でラジオDJのミンガスと一緒に暮らしている。国籍や人種の違いはあっても、共に子持ちでお互いの仕事を尊重している2人の関係は順調だった。だが、マリオンの個展を観るために、マリオンの父、妹、妹の彼でマリオンの元カレがパリからNYにやってきて、アパートに2日間滞在することに。ほとんど英語はしゃれべず、生活習慣や恋愛の価値観などがズレまくる彼らのせいで狭いアパートの中は大混乱。終いには、良好だったマリオンとミンガスの関係までギクシャクしてしまう…。

☆見所チェック
国際的に活躍する女優ジュリー・デルピーが監督・脚本・主演を務めたロマンティック・コメディで、「パリ、恋人たちの2日間」の続編のような作品です。フランス人のヒロインがアメリカで生活し、恋や仕事で悩む姿に加え、アメリカとフランスのカルチャー・ギャップも交えた物語は、実にリアル。デルピー自身が完全な英仏バイリンガルでNY在住であることも大きく影響しているのでしょう。それにしても異文化交流とはこうも難しいものなのでしょうか。主人公のマリオンの家族は、はっきり言ってハチャメチャな性格で、激しくデフォルメされていますが、そんな“困った家族”もまた愛おしいもの。マリオンが情緒不安定になる理由も最後にきちんとオチとして仕込まれています。NYのアート事情の裏側をちょっぴり皮肉っている内容も面白いし、個性派俳優のヴィンセント・ギャロが本人役で出演しているところも見所です。

☆あ、がいる!
フランスのパリからアメリカのニューヨークにやってきたマリオン。どうやら前の彼とは別れたようですが、飼いはしっかりアメリカまで連れてきています。マリオンが飼っているは黒白ので、名前はジャン・リュック。この名前、もしかして映画監督のジャン・リュック・ゴダールからとってるのかな? それはさておき、マリオンと恋人のミンガスが暮らすニューヨークのアパートの室内には、なんと、日本の招きの飾りが!愛家のカップルの恋の行方は、もちろんハッピーエンドで終わります。猫のジャン・リュックは、人間たちの大騒動をいつもゆったりと見守りながら、半分あきれているようです。

監督:ジュリー・デルピー
出演:ジュリー・デルピークリス・ロック、アルベール・デルピー
(C)Polaris Film Production & Finance, Senator Film, Saga Film,
Tempete sous un Crane Production, Alvy Productions, In Production,
TDY Filmproduktion - 2012All rights reserved.
配給 : アルバトロス・フィルム
製作年 : 2012年 製作国 : 仏・独・ベルギー
ニューヨーク、恋人たちの2日間@ぴあ映画生活
人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「桃(タオ)さんのしあわせ」

2012 - 11/25 [Sun] - 01:20

桃さんのしあわせ スペシャル・エディション [Blu-ray]桃さんのしあわせ スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2013/05/10)
アンディ・ラウディニー・イップ

商品詳細を見る

☆「桃(タオ)さんのしあわせ」ストーリー
香港に住む敏腕映画プロデューサーのロジャーの家には、60年もの長い間仕えているメイドの桃(タオ)さんがいる。ロジャーは中年になった今も独身で、家事のすべてを桃さんにまかせているが、ある日帰宅すると桃さんが脳卒中で倒れてた。マヒが残りもう仕事ができないからとメイドの仕事を辞める桃さんのために、ロジャーは老人ホームを探す事に。無事にホームに入居した桃さんだが、長年メイドとして働いてきた彼女は、他人から介護されることになかなか慣れない。一方、桃さんがそばにいなくなって初めて彼女がいかに大切な人だったかに気付いたロジャーは、献身的に桃さんを見舞い、世話をすることになる…。

☆見所チェック
大スターのアンディ・ラウが物語に惚れ込んでノーギャラで出演したことや、香港映画界のスターや監督が本人やそれに近い役で出演する贅沢、11年ぶりの銀幕復帰となった名女優ディニー・イップが本作でベネチア国際映画祭主演女優賞に輝くなど、話題の多いヒット作です。本作のプロデューサーのロジャー・リーの実体験に基づく物語は、大きな事件は何も起こらないのに、なぜか心が温かくなる絶妙な展開のドラマ。ロジャーと桃さんは最初はドライな関係に見えますが、必要以上にベタつかないのは、家族以上に家族に近い空気のような存在だからです。現代の香港の福祉制度や、介護、老い、死といったシリアスな問題を扱ってますが、女性監督アン・ホイのあたたかなまなざしで、人生の晩年にそばに誰かがいることの幸せ、さらには、絆の大切さが、静かに伝わってきます。

☆あ、がいる!
ロジャーの家に住込みで働く桃さんは、スコティッシュ系と思われる毛足が長い白黒のを飼っています。名前はカカ。桃さんがメイドとして働いていたときは自然体でロジャーの家に同居していますが、彼女が倒れて老人ホームに入ってからは、友人の家に預けられます。老人ホームの生活にも慣れた頃、一度ロジャーの家を訪れるときに、ロジャーの計らいでカカと再会するのですが、桃さんは「自分の家では自由にしていていいけど、よそのお家ではいい子にするのよ」とカカにそっと声をかけます。メイドの仕事に誇りを持ち、雇い主であるロジャーの家族から、お見舞いの品は受け取っても決して金銭は受け取らない誇り高い桃さん。ロジャーとは本物の親子のような関係で互いに大切に思い合いますが、気丈な彼女が、照れ隠しのように本音を言える相手は、この愛カカだけだったのかもしれません。にだけは本音が言える。これって愛家なら思わず深くうなずいてしまいますね。

監督:アン・ホイ
原作:ロジャー・リー
出演:ディニー・イップアンディ・ラウ、アンソニー・ウォン
(C)Bona Entertainment Co. Ltd.
配給 : ツイン
製作年 : 2011年 製作国 : 中国・香港

桃さんのしあわせ@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「鍵泥棒のメソッド」

2012 - 09/19 [Wed] - 00:31

鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]
(2013/05/10)
堺雅人、香川照之 他

商品詳細を見る

☆「鍵泥棒のメソッド」ストーリー
35歳にして無職の売れない役者・桜井は、自殺にさえ失敗する情けない男。やけに羽振りの良さそうな男が、銭湯で転んで頭を打ち、記憶喪失になったのを見て、出来心で彼の荷物と自分の荷物をすりかえてその男になりすます。だが男は実は、誰もその素顔を知らない伝説の殺し屋・コンドウだったことから、桜井は、大金がからんだ犯罪組織のトラブルに巻き込まれてしまう。一方、記憶を失ったコンドウは、所持品から、自分は売れない役者の桜井と思い込み、大真面目に役者の勉強をスタート。偶然知り合った婚活中の女性編集長・香苗と親しくなり、演技の面白さにも目覚めてしまう。そんなある時、コンドウの記憶が突如として蘇る。桜井が招いたトラブルは、3人を大ピンチに陥れるのだが…。

☆見所チェック
「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじ監督の4年ぶりの新作は、男二人の人生が逆転するというトンデモないプロットでスタートするサスペンスコメディです。前半に張られた数々の伏線が後半に一気に収束する展開は、爽快で見事なもの。内田監督はオリジナル脚本にこだわる才人だけあり、そのストーリーテリングの上手さは折り紙付きです。失われた記憶、大金の行方、そしてどこか可笑しな恋愛は、先読みできない驚きのラストへ向かって加速していき、一瞬も目が離せません。演技派の堺雅人と香川照之の二人が、それぞれ、ヘタで売れない役者と俳優修行中の素人を演じるから可笑しくてたまりません。加えて、広末涼子が、まるで勉強や仕事をこなすように計画的婚活を着々とすすめる、どこかズレた感覚の女性を演じて、意外なコメディエンヌの才能をみせるところが見所。文字通り“キュンキュン”トキめくラストは必見です。

☆あ、がいる!
売れない役者の桜井は、オンボロアパートに一人暮らし。自分を桜井と思い込んでそのアパートに住むようになったコンドウは、生来、几帳面な性格で、隣近所に挨拶にいきます。隣の隣に住む引きこもりの女の子(演じるのは荒川結奈さん。可愛い♪)は、こっそり白黒の子を飼っていて、少しでも記憶をたどろうと思って訪ねたコンドウに、のことで文句を言われると早とちりしてしまい、「ゴメンナサイッ!私、このコがいないと生きていけないんです」と訴えます。このセリフには「ウン、分かります、その気持ち!」と好きなら思わず頷いてしまうはず。このは、全体がほとんど白で、耳の周辺と尻尾、足が黒の、とても愛らしい子。おそらくノラちゃんです。さしたる役割もないように思えたこの猫には、最後の最後にすてきな役目が!すべてが解決した後、アパートに戻った桜井は、うっかり玄関のドアを開けっ放しにするのですが、そこからスルリと部屋に入り込んできたのが、この子猫。猫を追って、飼い主の女の子が現れ、何やらほんのり恋の予感がするという、ニクいオチでした。猫がご縁で結ばれる恋愛なんて、ステキです♪

監督:内田けんじ
出演:堺雅人、香川照之、広末涼子
(C)2012「鍵泥棒のメソッド」製作委員会
配給 : クロックワークス
製作年 : 2012年 製作国 : 日本

鍵泥棒のメソッド@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「スモール・ソルジャーズ」

2011 - 11/16 [Wed] - 20:04



☆「スモール・ソルジャーズ」ストーリー
オモチャ屋の息子アランは父の留守中に、電池交換不要の画期的なフィギュア「スモール・ソルジャーズ」を仕入れる。発売前のそのフィギュアには、軍事用に開発した人工知能が組み込まれていた。言葉を話し、学習能力もある彼らは、自らの意志で動き出す。戦闘的なコマンドー軍団は、敵を捜し求め、アランや家族、隣に住む美少女クリスティまで巻き込んでの壮絶な大戦争を繰り広げる…。

☆見所チェック
実写とCGが融合したSFXアドベンチャーでは、おもちゃが人間を危機に陥れます。これは怪物フランケンシュタインの物語と同じ構造なんですが、おもちゃのテクノロジーと軍需産業が結託するというストーリーは現代的で、あながち絵空事とは思えません。海兵隊を模した「コマンドー・エリート」は、一見、正義の味方にみえて、実は戦闘的な悪役。コマンドー軍団の敵で悪役として作られた「ゴーゴナイト」軍団の方は、見た目はコワモテでも平和主義というギャップが笑わせます。アクション・フィギュア・デザインは「ジュラシック・パーク」のスタン・ウィンストン、CGはILMと、技術的には当時の最高峰。声優にはトミー・リー・ジョーンズら、ビッグ・スターが名を連ねています。随所にちりばめられた映画ネタや、「戦争なんてバカッタレ!」など、意外と真面目な戦争批判のセリフがあるところが、子供向けの作品ながら骨があって、痛快です。

☆あ、がいる!
アランが家に持ち帰った「ゴーゴナイト」軍団のリーダーのアーチャーは、心優しい怪物。そんなアーチャーの優しさに最初に気付いたのが、アランの家にいる黒白の。アーチャーにそっと近付いて、顔をペロペロとなめて親愛の気持ちを示します。は本質的に自分の敵と味方が判るもの。悪役として作られたゴーゴナイトが、実は平和的でやがてアランたちを助ける心強い味方であることを判っていたのですね。もっともこのちゃん、あまり活躍はしてくれませんが(苦笑)。アランとクリスティ両方の家族を巻き込んだ大騒動を、大金の小切手ですべて闇に葬った玩具会社が、どうやら玩具の技術を軍事用として南米のテロリストあたりに売ってしまいそうなラストは、なかなか皮肉が効いてました。ただ、ちょっと気になるのは、黒白が、ラストにアランの家族ではなく、隣の家に住む幼いトミーの腕に抱かれていたこと。トミーは、アランが恋するクリスティの弟なので、これから恋のキューピッドの役を果たすのかもしれません(笑)。

監督:ジョー・ダンテ
出演:グレゴリー・スミス/キルスティン・ダンスト/(声)フランク・ランジェラ/トミー・リー・ジョーンズ
製作年 : 1998年 製作国 : アメリカ

スモール・ソルジャーズ@ぴあ映画生活

スモール・ソルジャーズ [DVD]スモール・ソルジャーズ [DVD]
(2006/04/19)
グレゴリー・スミス、キルスティン・ダンスト 他

商品詳細を見る


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 | HOME |  »

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。