猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいるのナビゲーター   トップページ > 2018年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「FOUJITA フジタ」

2018 - 01/25 [Thu] - 10:59



☆「FOUJITA フジタ」ストーリー
1920年代のパリ。日本人画家のフジタ藤田嗣治)は、「乳白色の肌」と称賛される裸婦像で一躍エコール・ド・パリの人気者となる。雪のように美しい肌をした女性リシュー・バドゥーと出会い、一緒に暮らし始めるが、やがて第二次世界大戦が勃発。日本に帰国したフジタは、戦意高揚のため戦争協力画を描き美術界の重鎮になっていく。5番目の妻・君代と共に疎開先の村で暮らしながら、終戦を迎えるが…。

☆見所チェック
世界の映画祭で高い評価を受ける名匠・小栗康平監督が、日本人画家・藤田嗣治の波乱の生涯を描いた作品ですが、わかりやすい伝記映画とは少し違います。せりふや説明は極力排していて、計算されつくした構図の美しい映像は、まるで絵画を見ているかのよう。キラ星のような才能が集うパリで成功したフジタは、時に傲慢にも見えますが、そこにはいつも孤独の影がにじんでいます。フジタは、フランスでは日本画を思わせる絵を、日本では西洋風の絵を描きました。二つの時代と二つの文化。その矛盾の答は、劇中にフジタが言う「絵はしょせん絵空事」という皮肉とも達観ともいえる言葉の中にあるのかもしれません。フジタを演じるのはオダギリジョーさん。猛特訓したというフランス語のセリフで静かに熱演する演技に注目です。

☆あ、がいる!
藤田嗣治(ふじたつぐはる)の得意とした題材が、女性とだったことは有名です。映画にはホンモノのもさりげなく登場しますが、フジタといえば「の画家」。ということで本作は“その他の”のカテゴリーに分類しました。自画像や女性の絵の中にしばしばを描いていて、その猫の表情が人間以上に豊かで雄弁なのは、フジタが猫を深く愛していたからでしょう。外国人が異国で成功するため、あえてフーフー(お調子者の意味)という愛称で呼ばせて目立って見せたり、帰国して美術界で名を挙げても、戦争画を描いたことで終戦後に非難されたりと、時代に翻弄され続けたフジタの人生。そんな彼にとって、どんな時も自由に生きる猫は、憧れの象徴だったのかもしれません。余談ですが、フジタは実は犬も好きだったとか。ちょっと意外です。

監督:小栗康平
出演:オダギリジョー、中谷美紀、アナ・ジラルド
(C) 2015「FOUJITA」製作委員会/ユーロワイド・フィルム・プロダクション
配給 : KADOKAWA  PG12
製作年 : 2015年 製作国 : 日本・フランス 原題「FOUJITA

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 | HOME |  »

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

★ブログ管理人:FUKU

★当ブログはリンクフリーです。相互リンクは設けていませんが自由にリンクしてもらってOKです。

(リンクの報告は不要です) ★ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

category

最新記事

映画目次

ペット用品はこちら(=^・^=)

お得情報はこちら

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

welcome!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。