猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 猫がいっぱい > 映画「犬と猫と人間と」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「犬と猫と人間と」

2011 - 08/26 [Fri] - 22:43

犬と猫と人間と [DVD]犬と猫と人間と [DVD]
(2010/06/26)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

☆「犬と猫と人間と」ストーリー
映画監督の飯田基晴は、稲葉恵子さんという好きのおばあさんから「自分が生きているうちに、動物を大切に思ってもらえる映画を作ってほしい」との依頼を受ける。早速、日本における犬ペット事情を調べ始めるが、そこにあるのは、犬やを家族のように可愛がる姿と同時に、毎日千頭あまりの犬猫が殺処分されているという実情だった。描かれるのは、犬捨て山や、河川敷に捨てられ虐待される猫、しつけへの考え方、さらに行政による殺処分と愛護団体の活動など。空前のペットブームの中で、犬や猫と人間との関わりに、様々な角度から迫っていく。

☆見所チェック
4年の歳月をかけて「ペット大国」日本の現状を、粘り強い取材で描いたドキュメンタリーです。殺処分という、目を背けたくなる現状にも勇気を持って切り込む内容は、多くの問題提起を促すもの。同じように動物たちを愛し、保護する活動をする人々の間でも、意見は様々で、そのすべてが一理ある。正直、今の日本の法規制では、答えは出ない気がします。そんな中、長く動物病院と保護施設の両方で活動をされている医師の言葉が心に残りました。それは、動物を愛し、守るという感情が生まれるためには、まず世の中が平和であることが何よりも必要なのだ、との言葉。私自身が動物が大好きなだけに、この映画のことを自分の中で消化するには時間がかかると思っていますが、それでもまずは“知る”ことから始めたい。そんな思いが胸に湧き上がります。

☆あ、猫がいる!
たくさんの猫が登場しますが、行政で命を助けてもらえる猫がほとんどいないのがショックでした。そんな中、印象的なのは、にゃんだぼという名前の、白地に茶の模様がある、太った猫。神奈川県動物愛護協会の民間のセンターに“通い”でやってくる野良猫です。人間との距離を保ちながらつかず離れず、自由を決して手放そうとしない、にゃんだぼの生き方に、ひとつの答えがあるような気がしました。その答えが正しいのかどうかは別として。重く難しい問題を内包する映画ですが、猫たち(もちろん犬も)の幸せを願わずにはいられませんでした。

監督:飯田基晴
製作年 : 2009年 製作国 : 日本

犬と猫と人間と@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/134-b5e4dde1

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。