猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 白猫 > 映画「一命」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「一命」

2011 - 10/14 [Fri] - 00:30

一命 スタンダード・エディション [DVD]一命 スタンダード・エディション [DVD]
(2012/04/13)
市川海老蔵、瑛太

商品詳細を見る

☆「一命」ストーリー
江戸時代初頭。徳川の治政で世の中は平和になったが、大名家御取り潰しが相次いだ。職も家も失った食い詰め浪人たちの間で「狂言切腹」が流行する。それは、大名家の庭先で切腹させてほしいと頼み、面倒を避けたい大名家側から、職や金銭をもらうという、都合のいいゆすりだった。そんな折、名門の井伊家を訪ねた浪人・津雲半四郎が切腹を願い出る。家老の斎藤勘解由(さいとうかげゆ)は、数ヶ月前に同じように狂言切腹を申し出た若浪人・千々岩求女(ちぢいわもとめ)の無残な最期を半四郎に話し、狂言切腹を思い留まらせようとするのだが、半四郎は驚くべき真実を語り始める…。

☆見所チェック
原作は滝口康彦の「異聞浪人記」。かつて名匠・小林正樹監督が「切腹」という題名で映画化した小説です。狂言切腹といういびつな行為を通して、形骸化した武士道や、武家社会の本音と建前、さらには武士の情けの意味を問いかける骨太な時代劇です。時代劇とはいっても、名門の大名家と、食い詰め浪人という格差社会の問題や、貧しくても大切に守る家族愛などは、現代にも十分に通じるテーマ。屋敷の中庭を中心に据えた演劇のような空間の中、歌舞伎役者の市川海老蔵の存在感が圧倒的です。クライマックスには大立ち回りも用意されてはいますが、時代的初の3D映画である本作は、むしろ、美しい紅葉や降りしきる雪など、静かな自然描写に3Dの立体を利用している点が注目です。

☆あ、がいる!
家老の斎藤勘解由(さいとうかげゆ)は、好きで、まっ白なを可愛がっています。このは、裕福な大名家に飼われているだけあって、毛並みの美しい、おっとりとした。やがて流血の修羅場を迎える屋敷の中で、人間たちの愚かしくも悲しい運命を黙って見つめる“神の視点”のような役割を果たしています。一方、若浪人の千々岩求女(ちぢいわもとめ)と愛妻・美穂の住む貧しい家にも、いつしか白いが住み着きます。この猫は、見た目も薄汚れていて、極貧生活の人間よりも一足先にその命を終えることに。こちらの白い猫は、いわば受難の象徴です。同じように白猫を配しながら、武家社会の明暗をくっきりと浮かび上がらせた、見事な演出でした。

監督:三池崇史
原作:滝口康彦
出演:市川海老蔵/瑛太/満島ひかり/役所広司
(C)2011 映画一命」製作委員会
配給 :松竹 製作年 : 2011年 製作国 : 日本

一命@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/162-7e50d852

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。