猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 猫がいっぱい > 映画「ベイビーズ いのちのちから」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ベイビーズ いのちのちから」

2012 - 05/13 [Sun] - 11:00

ベイビーズ -いのちのちから- [DVD]ベイビーズ -いのちのちから- [DVD]
(2013/04/27)
不明

商品詳細を見る

☆「ベイビーズ いのちのちから」ストーリー
2009年4月に誕生した4人の赤ん坊、ナミビアのポニジャオ、モンゴルのバヤル、東京のマリ、サンフランシスコのハティ。国籍も環境も異なる4人の赤ちゃんが、誕生してから1歳になるまでを1年の時間をかけてじっくりと追ったドキュメンタリー。それぞれの成長や親たちの育児法の違いが非常に興味深い。

☆見所チェック
フランスは知る人ぞ知るドキュメンタリー大国で、何よりその題材選びの審美眼が素晴らしいと思うのですが、本作の、同じ時代に生まれ、全く違う環境で育つ4人の赤ちゃんの1年間という内容も、本当に楽しく、そして考えさせられるものです。セリフやナレーションがまったくないスタイルがユニークなんですが、赤ちゃんの豊かな表情と、子育てに奮闘する親たちの姿で、すべてがカンペキに伝わるから、映像の力を改めて思い起こさずにはいられません。アフリカの少数民族のポニジャオちゃん、モンゴルの草原のゲルで暮らすバヤルちゃんの育つ環境は、驚くべきもので、牛や羊などの動物と一緒に、おしめもせずに泥まみれで暮らす様子にはビックリ!一方、サンフランシスコと東京は、都会の清潔な環境で、知育も豊か。どちらにも長所短所があるのですが、共通しているのは、赤ちゃんたちの可愛らしい姿で、思わずこちらも、ニッコリしてしまいます。幸せな気持ちになるドキュメンタリーで、特に、現在子育て中、あるいはこれから子供を生むという若い世代にはおすすめしたい作品です。

☆あ、がいる!
映画には4人の赤ちゃんが登場しますが、モンゴル、東京、アメリカの家庭では、それぞれを飼っていて、新しい“同居人”である赤ちゃんを「なんだ、こいつ?!」みたいな顔をして少し離れたところから見ています。の種類は、長毛種のヒマラヤン風、グレーのキジなど。やがて自然に家族になじんでからは、すぐに仲良しに。と赤ちゃんという可愛すぎるツーショットが出てくるたびに、微笑ましくて、嬉しくて(笑)。おそらくアフリカの赤ちゃんのおうちにも周辺にがいると思うんですが、何しろ他の家畜がいっぱいいるので映像には映りませんでした(笑)。小さな身体で泣き、笑い、遊びながら精一杯生きている赤ちゃんたち。猫と一緒に幸せに暮らしてほしいと願わずにはいられません。

監督:トマス・バルメス
(C)2010 Chez Wam / Thomas Balmes
配給 : エスパース・サロウ
製作年 : 2010年 製作国 : フランス

ベイビーズ~いのちのちから~@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/218-e1bf6981

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。