猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 白猫 > 映画「The Cat ザ・キャット」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「The Cat ザ・キャット」

2012 - 10/07 [Sun] - 23:05

The Cat ザ・キャット [DVD]The Cat ザ・キャット [DVD]
(2012/09/05)
パク・ミニョンキム・ドンウク

商品詳細を見る

☆「The Cat ザ・キャット」ストーリー
ペットショップで働くソヨンは、幼い時のトラウマによる閉所恐怖症に悩んでいる。ソヨンにとっては愛らしい動物たちと触れ合う時が最も心が癒される時だった。ある日、ペットショップに飼いのビダンを迎えに来た飼い主が、エレベーターで不可解な死を遂げる。ソヨンは一時的にビダンを引き取るが、ビダンを担当し、事故に係わって以来、おかっぱ頭の少女の幻覚を見るようになる。一方で、ソヨンの友人や周囲の人々が次々に変死するが、すべてに共通しているのはだった…。

☆見所チェック
好きのヒロインが、とその飼い主の変死事件に関わったことで、恐怖に巻き込まれていくホラー・サスペンスです。韓国映画のホラーは、激しい流血や残酷シーンが特徴なのですが、本作は過剰な描写は控えめ。言いかえれば、怖さはあまりなく、ホラー好きには物足りないかもしれません。それを補うのは、これまた韓国映画お得意の切なさです。物語としては、ヒロインが閉所恐怖症になった原因や、精神を病む父親との関係性は、最後まで説明がなかったり、次々に命を落とす人々の中には、事件の真相とは直接的には関係ない人がいたりと、脚本の細部に甘さがあるのが残念なところ。それでも、おぞましいビジュアルで恐怖を体現しつつも、どこか悲しげな謎の少女を演じるキム・イェロンちゃんの存在感は特筆です。実はこの子役、「冬の小鳥」「アジョシ」の天才子役キム・セロンの妹。なるほど上手いのは納得です。

☆あ、がいる!
事件の発端となるのは、トリマーである主人公ソヨンが担当した白いのビダン。映画にはビダン以外にも数多くの猫が登場しますが、謎の少女は大変な猫好きで、ビダンをはじめ沢山の猫を可愛がっていました。つまり、ビダンや他の猫が閉所恐怖症のソヨンを“導く”のは、少女に関係する理由があるというわけです。沢山の猫が神秘的な表情をみせる名演技を披露しますが、猫の死体も山ほど登場しますので、猫好きにはちょっとつらいかも。いずれにしても、ミステリアスな猫と美女の組み合わせは、古今東西、無論、日本や韓国でも、テッパンの設定のようです。

監督:ピョン・スンウク
出演:パク・ミニョンキム・ドンウクキム・イェロン

製作年 : 2011年 製作国 : 韓国
THE CAT@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/236-6e0c4f3d

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。