猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 猫がいっぱい > 映画「夏の終り」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「夏の終り」

2013 - 09/08 [Sun] - 13:54

夏の終り [Blu-ray]夏の終り [Blu-ray]
(2014/03/19)
満島ひかり綾野剛

商品詳細を見る

☆「夏の終り」ストーリー

昭和30(1955)年代。染色家の知子は、妻子ある年上の作家・慎吾と長年暮らしていた。慎吾は妻と住む家と、知子の家をきっちりと週の半分ずつ行き来して過ごしている。知子は慎吾の離婚は望んでおらず、この穏やかな暮らしに満足していた。だがある日、かつて彼女が家庭を捨てて駆け落ちした年下の男性・涼太が訪ねくる。それをきっかけに知子の心はざわつきはじめ、再び涼太と関係を持ってしまう。涼太の情熱は、知子自身も気付いていたなかった本当の気持ちを揺さぶりはじめるのだが…。

☆見所チェック
原作は作家、尼僧として活躍する瀬戸内寂聴の同名ロングセラー小説です。染色家として自立している女性が、妻子ある年上の作家と、若く情熱的な年下の男性との間で揺れ動くという、いわゆる三角関係のラブストーリー。瀬戸内寂聴の実体験に基づくと聞くと、なにやら艶かしいお話なのですが、映画では女一人に男二人という構図はしばしば描かれる恋愛の一般的なパターンなのです。本作では対照的な2人の男性を愛しながら、やがて本当の意味で自立していく女性の心の成長を描きます。特徴的なのは、色濃く現れた「昭和」という時代。近年流行のノスタルジックで明るい昭和ではなく、全体的に薄暗く、閉塞感に満ちた物語は、まだ女性の自立に難しさを抱えていた時代の空気を伝えてくれます。

☆あ、がいる!
知子が住む東京都内の一軒家の縁側には、黒白の子が時々現れます。たぶんノラちゃんでしょう、名前はありません。作家の慎吾はどうやら好きなようで、子にミルクを与えたりして可愛がっているんですが、知子は、特に好きというわけではなく、お客がきたら、子の首をつかんで無造作にポイッと外に出したりしています。また、慎吾の妻と接したことで動揺した知子は、鎌倉にある慎吾の自宅に突発的におしかけますが、そのとき留守番していた慎吾は、まるまると太ったキジの猫をだっこしています。おそらく本宅で飼っているのでしょう、このことからも彼が猫好きであることが伺えるのですが、猫を飼うというその行為に、知子とは無縁の“家庭”の存在が浮かび上がる演出です。

監督:熊切和嘉
原作:瀬戸内寂聴
出演:満島ひかり、小林薫、綾野剛
(C)2012年映画夏の終り」製作委員会
配給 : クロックワークス
製作年 : 2012年 製作国 : 日本
夏の終り@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/267-fd4645cc

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。