猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 黒白猫 > 映画「夢と狂気の王国」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「夢と狂気の王国」

2014 - 01/08 [Wed] - 20:06


夢と狂気の王国 [Blu-ray]夢と狂気の王国 [Blu-ray]
(2014/05/21)
不明

商品詳細を見る

☆「夢と狂気の王国」ストーリー
日本を代表するアニメーション・スタジオ、スタジオ・ジブリ。その中心メンバーが、宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサー、高畑勲監督だ。「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」の2本が同じ年に公開されることになり、砂田麻美監督は彼らの1年に密着取材。若き日に出会った3人の、苦楽を共にした日々や、創作現場の裏側を丹念に追っていく…

☆見所チェック
東京・小金井にある国民的アニメーションスタジオ“スタジオ・ジブリ”に、ドキュメンタリー映画「エンディング・ノート」が高く評価された砂田麻美監督が自らカメラを携えて1年間通いつめて作り上げた、力作ドキュメンタリー映画です。ジブリは緑に包まれたファンタジックなたたずまいですが、中での仕事ぶりはまさに修羅場、戦場そのもの。映画は主に、「風立ちぬ」を“順調に”制作中の宮崎駿の制作の日々が中心です。「かぐや姫の物語」制作が遅れに遅れて修羅場だったであろう高畑監督はほとんど登場しないのがちょっと残念ですが、それでも宮崎駿監督、鈴木敏夫プロデューサー、高畑勲監督の3人の愛憎入り乱れた関係性が垣間見えてとても興味深いものです。傑作アニメが生まれる舞台裏に興味がある方はもちろん、ジブリ・ファンは必見の1本といえるでしょう。

☆あ、がいる!
スタジオ・ジブリにはウシ子という名前のが住み着いていて、皆に可愛がられています。飼われているというより、同居、あるいは自由に出入りしているという感じ。白地に、背中・頭・尻尾に少し黒というモノトーンのウシ子は、のんびり、しなやか、でも抜け目なく、スタジオ・ジブリの内部を歩き回っているのですが、この自由なたたずまいが砂田監督のカメラ目線と重なっています。ウシ子とすれ違うとき、誰もがちょっとほっとした顔つきになるのが印象的でした。ジブリファンには有名なこの、狂気とまでいわれるジブリの製作現場を見守る守護天使のように見えます。

監督:砂田麻美
出演:宮崎駿、鈴木敏夫、高畑勲
(C)2013 dwango
配給 : 東宝
製作年 : 2013年 製作国 : 日本
夢と狂気の王国@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/283-af09f827

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。