猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 白猫 > 映画「猫侍」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「猫侍」

2015 - 01/06 [Tue] - 00:50


劇場版 「 猫侍 」 [Blu-ray]劇場版 「 猫侍 」 [Blu-ray]
(2014/08/06)
北村一輝蓮佛美沙子

商品詳細を見る

☆「猫侍」ストーリー
時は幕末。かつて百人斬りと恐れられた剣豪・斑目久太郎は、今では、しがない浪人暮らし。士官の願いもかなわないある日、久し振りに仕事が舞い込むが、それは犬派の親分からの、対立する一家の親分がかわいがっているを暗殺せよとの極秘依頼だった。大金に目がくらんで引き受けた久太郎だったが、踏み込んだ屋敷で彼を待っていたのは、つぶらな瞳が愛らしい白の玉之丞。一度はを斬ろうとするものの、そのあまりの可愛さにヤラレてしまい、こっそり家に連れて帰る。だが、そのことがきっかけとなり、久太郎は、江戸を挙げての犬派と猫派の抗争に巻き込まれていく…。

☆見所チェック
2013年にTVドラマが放送され、そのユル~い世界観と猫の可愛らしさが評判になったドラマの劇場版です。「イヌゴエ」からスタートした小動物シリーズですが、このシリーズに共通する特徴は、動物は何もしないけれど、その動物とかかわった人間が、ふがいない毎日から一歩前へと踏み出すという、小さな勇気の物語であること。今回は、剣豪と猫と癒しという異色のコラボレーションが実現しました。いつも眉間にシワを寄せている強面(コワモテ)の、でも心優しい剣豪を、大作からインディーズ作品、最近では海外の作品にも積極的に出演する実力派俳優の北村一輝さんが演じています。コメディタッチの展開の他に、犬派と猫派の争い、仇討を狙う若侍や、猫番のお女中のけなけげなエピソードも。笑って泣ける動物癒し映画は、なかなか多彩な魅力にあふれています。

☆あ、猫がいる!
“まだら鬼”の異名をとるほどの剣豪の心を一気にわしづかみにするのは、つぶらな瞳が愛らしい白猫・玉之丞(たまのじょう)。劇中に登場する猫はすべて本物で、CGは一切使われていません。玉之丞を演じているのは実は3匹の白猫で、あなご(14歳)、さくら・大人(15歳)、さくら・若(4歳)のプロのタレント猫たちです(年齢は撮影当時)。つぶらな瞳がカワイイ玉之丞は、食べ物の好みがうるさく、飼い主(?)の久太郎を困らせるツンデレ猫。この凸凹コンビ、最高です(笑)。見どころはなんといってもクライマックスに久太郎がみせる、猫を抱いたままの殺陣(たて)で、それはもう圧巻! 演じる北村一輝さんの超絶アクションと共に、ものおじしない玉之丞の役者根性もまた最高です。

監督:山口義高
出演:北村一輝蓮佛美沙子寺脇康文
(C)2014「猫侍」製作委員会
配給 : AMGエンタテインメント
製作年 : 2014年 製作国 : 日本
猫侍@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/300-b4bccd54

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。