猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > 三毛猫 > 映画「先生と迷い猫」  

映画「先生と迷い猫」

2018 - 02/12 [Mon] - 00:15



☆「先生と迷い猫」ストーリー

妻に先立たれた元校長先生は、近所では偏屈で有名だ。校長先生のところを訪ねてくるのは、先生が撮りためた古い写真を資料として残したいという市役所職員と野良のミイぐらい。が好きではない先生は、なんとかミイを追い払おうとするが、ミイはどんなに追っ払っても毎日やってきて、妻の仏壇の前に座っていた。そんなある日、ミイが突然姿を消す。姿が見えないとなると急にミイが気になりはじめた先生がミイを探し始めたところ、自分の他にもミイを探している人たちがいたことが判明。先生は、ミイを探すことで次第に地域の人々と触れ合っていく…。

  ☆見所チェック
偏屈な元校長先生と、一匹の野良が巻き起こす、ささやかな、でもあたたかい奇跡の物語です。原案となったのは、木附千晶さんのノンフィクション「迷子のミーちゃん 地域と商店街再生のものがたり」で、この実話にオリジナルのキャクターやストーリーを加えて映画化されたのが本作です。先生が妻が可愛がっていたそのを追い払うのは、猫を見ると亡き妻のことを思い出し、さらに現在の寂しい自分を再認識して悲しくなるからという理由が、なんとも切なく、ミイを探す過程で知り合う町の人々もそれぞれ悩みを抱えています。人間ドラマとしても丁寧で、頑なだった先生の心が人々とのふれあいでほぐれ、変化をもたらすプロセスが素敵です。ひょうひょうとしたたたずまいの名優・イッセー尾形さんの味わい深い演技と、伊豆でオールロケされた、かざらない風景も魅力的です。

 ☆あ、猫がいる!
登場する三毛猫の名前はミイ。ミイを演じるのは、NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」でデビューした“プロの女優”のドロップです。通常、動物が演技をする場合は、複数で演じることが多いのですが、このドロップは愛らしい姿からふてぶてしい表情、のんびりくつろぐ姿まで、代役なしで一人(一匹)で演じきっているというからたいしたものです。この映画は、猫を単に可愛いだけの対象として扱ってはいません。猫好きとともに猫嫌いも登場させ“猫かわいがり”してないところがリアルで好感が持てます。動物ものの映画によくある過剰な“泣かせ”の演出がないところもポイントが高いです。中心となるべき猫は途中から姿もみせず、人々の心の中にある大切な存在という様相に。見終わってみれば、この物語は猫探しではなく、いわば人情探しだったことに気付くのです。猫好きだけが感じるぬくもりと寂しさを、ほっこりとした余韻として残してくれました。

監督:深川栄洋 出演:イッセー尾形染谷将太北乃きい
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会
配給 : クロックワークス
製作年 : 2015年 製作国 : 日本 原題「先生と迷い猫

スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

★ふくの飼い主&ブログ管理人は、映画ライターの渡まち子です (^o^)/

★当ブログはリンクフリーです。相互リンクは設けていませんが自由にリンクしてもらってOKです。

(リンクの報告は不要です) ★ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

category

最新記事

映画目次

ペット用品はこちら(=^・^=)

お得情報はこちら

最新コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

welcome!