猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 茶トラ、茶トラ白猫 > 映画「ハリーとトント」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「ハリーとトント」

2011 - 06/21 [Tue] - 17:47

ハリーとトント [DVD]ハリーとトント [DVD]
(2009/05/02)
アート・カーニー、エレン・バースティン 他

商品詳細を見る

☆「ハリーとトント」ストーリー
NYに住む72歳の老人ハリーは、区画整理のためアパートから強制的に立ち退きを迫られる。仕方なく愛のトントを連れてシカゴに住む娘シャーリーンの家に向かう。旅の途中で、ヒッピーの少女や、初恋の人、好きの老カウボーイなど、さまざまな人との出会いがあり、彼らと心を通わせていく…。

☆見所チェック
老人とが辿る旅を詩情豊かに描いたロードムービーの名作です。74歳のハリーを演じたアート・カーニーは当時56歳。下積み時代が長かった苦労人らしく孤独な老人ハリーを丁寧に演じてアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。NYからシカゴ、そしてLAへ。動物を連れているため飛行機やバスは利用できず、広大なアメリカ大陸を中古車でゆっくりと移動するという“贅沢な時間”が映画の魅力になりました。音楽はビル・コンディ。「ロッキー」とはまったく異なる優しいメロディのサウンドトラックが印象的です。

☆あ、がいる!
主人公と一緒に長距離の旅に付き合うトントは茶色のトラ。堂々とした風貌は、脇役というより主役級の存在感です。その証拠に、本作で動物界のオスカーと言われるPatsy Award (Picture Animal Top Star of the Year)、通称パッツィ賞を受賞しています。いつも主人公に寄り添うトント。ひもを付けて一緒に歩く姿はちょっと犬っぽい?ともあれ、ラストの別れと出会いも含め、人間ととの確かな絆を感じさせてくれる猫です。

監督:ポール・マザースキー
出演:アート・カーニー/エレン・バースティン/チーフ・ダン・ジョージ
製作年 : 1974年 製作国 : アメリカ

ハリーとトント@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/89-610eb987

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。