猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 純血種の猫 > 映画「キミとボク」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「キミとボク」

2011 - 06/28 [Tue] - 23:50

キミとボク [DVD]キミとボク [DVD]
(2011/10/05)
中村蒼、坂本真綾 他

商品詳細を見る

☆「キミとボク」ストーリー
漫画家志望の青年は、ある日、公園で子を拾う。七夕にちなんで銀王号と名付けた子と青年は、2人だけの生活の中で、ゆっくりと心を通わせていく。やがて10年の歳月が流れ、銀王号に身体に異変が生じ病院に連れていくが、もう治る見込みはないと言われてしまう。家に帰り、青年の腕の中で最期の時を過ごす銀王号だった…。

☆見所チェック
原作は、クリエイターのやまがらしげとがインターネット上で連載した大人気Flashアニメーション。Flashアニメの実写映画化は初となります。青年が“キミ”、の銀王号が“ボク”。実話を基に、の目線で描いた45分のショート・ムービーには、優しさがあふれています。好きの方はもちろんのこと、ペットや大切な人との別れを経験した方なら、胸に迫る感動があるはず。説明調のセリフは極力省き、青年との心の交流を自然体で描き出しました。猫の“ボク”の声は、トップクラスの声優・坂本真綾が担当。エンドロールには原作者のオリジナルのアニメがあり、こちらも見所です。

☆あ、猫がいる!
“ボク”こと銀王号は綺麗な模様のアメリカンショートヘアー。もうこの可愛らしさは、反則、ルール違反です(笑)。スクリーンに銀王号が登場するたびに思わずニッコリしてしまうほど。演じるのは猫タレントのナッツちゃんです。漫画家としてなかなか芽が出ず後輩にも追い抜かれる孤独な主人公を、黙って見守り支え続ける銀王号。ほんとうに友達、そして家族のような大切な存在なのです。別れの場面では、落涙必至。白状すると、私も泣いてしまいました。

監督・脚本:窪田崇
原作:やまがらしげと
出演:中村蒼/小林優斗/中村映里子/谷川昭一朗(声の出演:坂本真綾)
製作年 : 2011年 製作国 : 日本

キミとボク@ぴあ映画生活
スポンサーサイト


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catincinema.blog110.fc2.com/tb.php/95-9f9a734a

 | HOME | 

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。