猫が出てくる映画を取り上げて見所をご紹介します(=^・^=)

  映画の中に猫がいる☆映画ライター渡まち子の【猫目線】レビューのナビゲーター   トップページ > 純血種の猫  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「コネコノキモチ」

2011 - 12/28 [Wed] - 10:26

コネコノキモチ [DVD]コネコノキモチ [DVD]
(2011/08/02)
遠藤舞、井上直美 他

商品詳細を見る

☆「コネコノキモチ」ストーリー
東京の下町に住む、服飾系専門学校に通う遥(はるか)は、2年前に父親を事故で亡くして以来、母と二人でぼんやりとした生活を送っている。そんなある日、遥は公園でを拾う。それは好きの間で大人気の“マンチカン”という種類の子だった。足が短くて愛嬌のある顔の子をどうしても飼いたい遥だったが、母から反対されてしまう。学校から帰って、部屋に隠しておいたがいないことに気付くと、母親が逃がしたのだと決めつける。母とケンカした遥は、家を飛び出し子を探すことになるのだが…。

☆見所チェック
アイドルグループ“アイドリング!!!”の遠藤舞が主演し、Mr.Childrenやゆず、柴咲コウなど、数多くのミュージックビデオや、AKB48のミュージッククリップなどを手掛けてきた高橋栄樹が監督した、小さな物語です。父の死から立ち直れないヒロインが、幻の猫と言われるマンチカンとの出会いから、もう一度前向きに生きるきっかけをつかむ姿を、優しいまなざしでみつめます。アイドルの遠藤舞は、本作で主演と主題歌で初ソロデビューを果たしました。ナチュラルな存在感に注目です。

☆あ、猫がいる!
主人公の遥が、子猫を拾い飼いたいと思うのは、自分も母も、父の死から立ち直っていないことを分かっていて、生き物を飼うことで、もう一度活気のある生活を取り戻したいと願っているため。“幻の猫”とまで言われる純血種のマンチカンが、そこらへんの公園に捨ててあるという設定そのものには疑問はあるものの(苦笑)、マンチカンの子猫の愛らしい姿には思わずにっこりしてしまいます。マンチカンは北アメリカ起源の猫で、短い脚が最大の特徴。部屋から逃げ出したのは本当は母のせいではないものの、積極的に探さなかった母もまた、夫の不在によって心に生まれた風穴を、愛らしい子猫によって埋めることになります。ラスト、女性二人の家庭にちゃんと“家族として”参加しているマンチカン映画としてはあくまでも小品なのですが、どこかポエムのような愛らしい作品です。

監督:高橋栄樹
出演:遠藤舞、井上直美、金子優子
製作年 : 2011年 製作国 : 日本

コネコノキモチ@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」

2011 - 11/19 [Sat] - 22:11

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 スペシャル・エディションDVDタンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 スペシャル・エディションDVD
(2012/04/16)
ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス 他

商品詳細を見る

☆「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」ストーリー
世界中を飛び回る少年記者タンタンは、ある日、美しい帆船の模型を購入するが、直後、その模型を高値で買い取りたいという男が2人も現れる。不思議に思ったタンタンが調べてみると、その帆船ユニコーン号は17世紀に莫大な財宝を積んだまま沈没した伝説の船で、その模型にはどうやら財宝の在り処を示す暗号が隠されているようだった。タンタンは、愛犬スノーウィ、そして謎を解く鍵を握る大酒呑みのハドック船長と共に、ユニコーン号に隠された暗号を解くべく、危険な冒険の旅に出る…。

☆見所チェック
原作はベルギーの漫画家エルジェの大人気コミックです。その世界的な大ベストセラーが、スティーヴン・スピルバーグが監督、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン製作で映画化されました。2大巨匠が本気度100パーセントでタッグを組んだこの作品、面白くないはずがありません。くるりとカールした前髪がトレードマークの主人公タンタンが繰り広げるのは、奇想天外で胸躍る活劇と危険なフィルム・ノワールの香りが漂う大冒険。物語はどこかノスタルジックなムードなのに、そこに、最先端のフルデジタル3Dパフォーマンス・キャプチャーという技術がドッキンしているところが最大の見所です。実写でもアニメでもない不思議な映像に、ワクワク!日本アニメでもなく、アメコミとも違う、ヨーロッパの香りがする漫画のテイストとハリウッド最高の技術のコラボレーションは、映画ファンならずとも必見です。

☆あ、がいる!
タンタンといえば、相棒は白いフォクステリアのスノーウィがすぐに思い浮かびますが、映画にはチラリとも登場し、しかも冒険の口火を切る大事な役目を果たします。タンタンが住むアパートの部屋に、同じ建物に住んでいるシャムが忍び込みます。このはスノーウィをからかいながら、部屋中を散らかしてしまうことに。ユニコーン号の模型のマストに隠された、暗号が書かれた羊皮紙が入った小さな巻物を部屋の隅に転がしてしまうのが、このシャム。おかげで、大切な羊皮紙は、後にタンタンの部屋に忍び込んだ“賊”に見つからずにすむという仕組みで、賢いスノーウィが部屋の隅にある巻物をみつけて、大冒険が始まるというわけです。いたずら好きのならではの“重要な”役どころでした。

監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:エルジェ
出演:(声)ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ
(C)2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
配給 : 東宝東和
製作年 : 2011年 製作国 : アメリカ・ニュージーランド

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密@ぴあ映画生活
エルジェの原作はこちら


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「キャットウーマン」

2011 - 09/26 [Mon] - 22:47

キャットウーマン 特別版 [DVD]キャットウーマン 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
ハル・ベリー、ベンジャミン・ブラット 他

商品詳細を見る

☆「キャットウーマン」ストーリー
大手化粧品会社ヘデア社に勤めるデザイナーのペイシェンスは、地味な外見とシャイな性格の内気な女性。彼女はある時、自社が発売しようとしている新製品の恐ろしい秘密を知ってしまったため、抹殺される。だが、彼女の死を見つめていたの不思議な力によって“キャットウーマン”として復活することに。驚異的なパワーを得た彼女は、自分を殺したヘデア社の組織的な陰謀を暴くことを決意する…。

☆見所チェック
DCコミック「バットマン」に登場する人気キャラクターであるキャットウーマンを主人公にした作品ですが、本作はバットマンとはまったく関係ないストーリーです。非業の死を遂げた地味な女性が、超人的なパワーを得て美しくパワフルに生まれ変わる痛快なストーリーは、何と言ってもオスカー女優のハル・ベリーが、ボンテージ風の衣装に身を包んで披露する、しなやかなアクションが見所。作品やベリーはゴールデン・ラスベリー賞(最低映画賞)を受賞してしまうなど、トホホな映画という評価もあるのですが、女性の二面性という点から見れば、なかなかどうして見所が多いのです。勧善懲悪とは一味違う、自らの本能に忠実なキャットウーマンを、けれん味たっぷりの映像美で知られるヴィジュアル派監督ピトフが、独特のダークな世界観で演出してます。

☆あ、がいる!
キャットウーマンの誕生は「バットマン リターンズ」同様、非業の死からの復活です。ここでヒロインに不思議な力を授けるのは、エジプシャンマオというエジプト原産のエキゾチックな。物語では、危険な場所にいるを無謀にも助けようとしたペイシェンスの優しさと内面の強さを見抜く、神という設定です。を研究する大学教授の家に住むこの猫の名前は、ミッドナイト。神秘的な力を秘めた猫にぴったりの美しい名前です。ペイシェンスはミッドナイトからもらったパワーと自らの強い意志で、ヘデア社の陰謀を暴くことに成功しますが、事件を担当した刑事で恋人のトムには別れを告げ、キャットウーマンとして生きていくことを選択します。自由できまぐれ、でも寂しがり屋の猫にふさわしい生き方だと思いませんか?

監督:ピトフ
出演:ハル・ベリー/ベンジャミン・ブラット/シャロン・ストーン/ランバート・ウィルソン
製作年 : 2004年 製作国 : アメリカ

キャットウーマン@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「スチュアート・リトル」

2011 - 09/21 [Wed] - 10:54

スチュアート・リトル コレクターズ・エディション [DVD]スチュアート・リトル コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/08/05)
マイケル・J・フォックス、ジーナ・デイビス 他

商品詳細を見る

☆「スチュアート・リトル」ストーリー
NYに住むリトル家では弟をほしがるジョージのために養子をもらうことに。孤児院を訪ねたパパとママは、そこで、しゃべるネズミ・スチュアートと出会いひと目で気に入って連れ帰る。弟がネズミだと知ってジョージはがっかりし、飼いのスノーベルも面白くない。それでも明るく素直なスチュアートは懸命に一家にとけこもうとする。スチュアートに嫉妬したスノーベルは、ノラのボスに相談してスチュアートを追い出す策略を練るのだが…。

☆見所チェック
原作はE.B.ホワイトの児童文学「スチュアートの大ぼうけん」。しゃべるネズミや人間以外の生き物を養子にするという奇想天外な設定はさておき(笑)。これはどんな困難にもメゲず、夢を追い続けることの大切さを教えてくれる物語なのです。ネズミのスチュアートの声はマイケル・J・フォックスが担当し、最新のSFXによってリアルでなめらか、精巧な動きを創り出していますが、対照的にたちは本物のを起用して演技させているということに驚きます。家族の絆や、外見ではなく内面こそが何よりも大切というメッセージが心に響き、映画は大ヒット。続編も作られこちらも好編でした。

☆あ、がいる!
ネズミが主人公ということは、当然は悪役。真っ白なペルシャ猫のスノーベルは、最初はスチュアートにいじわるばかりしています。だけど、自分の悪巧みによってスチュアートがピンチになったことを知ると、ノラ猫たちからスチュアートを守り、「リトル家の一員」としての気概を見せてくれるのが嬉しいところ。ここではスノーベルが飼い猫で、お調子者のキジ猫・モンティやグレーの親分猫・スモーキーがノラ猫であるというところがポイントです。家猫と野良猫との“格差”や“確執”をストーリーに盛り込んでいるところは、ファミリー映画ながらかなり鋭いです。スチュアートとの連携プレーでノラ猫をやっつけたスノーベルが「今度だけだぞ」とプライドをみせながら、スチュアートと仲良く家にもどるラストに、思わずニッコリしてしまいます。

監督:ロブ・ミンコフ
出演:ヒュー・ローリー/ジーナ・デイヴィス/ジョナサン・リプニッキ(声)マイケル・J・フォックス
製作年 : 1999年 製作国 : アメリカ

スチュアート・リトル 2 コレクターズ・エディション [DVD]スチュアート・リトル 2 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/08/05)
マイケル・J・フォックス、ジーナ・デイビス 他

商品詳細を見る

スチュアート・リトル@ぴあ映画生活


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

映画「キャッツ&ドッグス」

2011 - 09/17 [Sat] - 00:41

キャッツ&ドッグス 特別版 [DVD]キャッツ&ドッグス 特別版 [DVD]
(2011/07/20)
ジェフ・ゴールドブラム、エリザベス・パーキンス 他

商品詳細を見る


☆「キャッツ&ドッグス」ストーリー
平和な街に住むブロディ教授は犬アレルギーの特効薬を開発中。そんな中、ブロディ家の飼い犬バディが誘拐される。犯人は、人間と犬との絆を断ち切ろうとする、邪悪な悪Mr.ティンクルズとその手下たちだった。人間を守る犬たちはトップ・エージェントをブロディ家に送り込み、一家を守ろうとするが、手違いで何の知識もないビーグル犬の子犬ルーが派遣されてしまう…。

☆見所チェック
犬との、可笑しくも壮絶なバトルを、最新鋭のアニマトロニクス(SFXの一種で、生物を模したロボットを使って撮影する技術)を駆使して作られた、痛快アニマル・アクション・ムービーです。実写とCGの融合はとても自然で、犬が犬小屋の中に隠したコンピューターを操作したり、が忍者のような活躍をしたり、にぎやかでアリエナイ活躍を繰り広げるワンニャンたちに目が釘付け!何も知らずにバトルに巻き込まれる子犬ルーの声を「スパイダーマン」シリーズのトビー・マグワイアが担当。未熟な子犬の成長物語でもあるこの作品は、楽しいファミリー映画としてヒットし、続編の「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」も作られました。こちらは、犬とのスパイが共同戦線を張るという、これまた楽しい作品になっています。

☆あ、がいる!
邪悪なのMr.ティンクルズは、真っ白なペルシャ猫。物語は、犬こそが最良の友であるという設定の元に作られているので、猫は当然悪役。猫好きには少々不満なのですが、タイトルでは猫(キャッツ)が先にきているので、ちょっと嬉しいです(笑)。それはさておき、Mr.ティンクルズは、犬と人間の絆を断ち切ろうとはしても、猫を人間の最良の友達にしようと企んでいるわけではありません。そればかりか、人間すら倒して世界征服を目指すという壮大な野望を持っているのです。なぜそんなことを…? それはMr.ティンクルズが、飼い主が自分にとっては屈辱以外の何者でもない、ヒラヒラの衣装を無理やり着せるのが我慢ならないから。このあたり、人の都合や趣味で動物にあれこれと物を与える人間の身勝手さや、ペット産業の利潤追求を皮肉っているようで、なかなか鋭いです。猫軍団がネズミまで使ってブロディ家と犬たちを陥れた企みは、ルーの活躍であえなく失敗。最後にMr.ティンクルズが受ける“罰”には、大笑いすることでしょう。

監督:ローレンス・グーターマン
出演:(声)トビー・マグワイア、アレック・ボールドウィン、スーザン・サランドン
製作年 : 2001年 製作国 : アメリカ

キャッツ&ドッグス@ぴあ映画生活

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2010/12/07)
ジェームズ・マースデン、クリスティナ・アップルゲイト 他

商品詳細を見る


人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

« | HOME |  »

ご訪問感謝です!

看板猫「ふく」です!
2010年9月1日生の男の子。
どうぞ、よろしく♪

看板猫ふく

飼い主で当ブログの管理人は、渡まち子。映画ライターやってます (^o^)/

ランキング参加中です。このブログが気に入ったらポチッとクリックお願いします!

ペット用品はこちら(=^・^=)

category

最新記事

映画目次

お得情報はこちら

震災には負けない!

スポンサード リンク

最新コメント

最新トラックバック

リンク

welcome!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。